プールとブドウ

保育園から38.5の熱が出たから迎えに来てって連絡が来る。

子供が熱を出すことなんか日常茶飯事だけど、俺に保育園から電話がかかってくるのはちょっと稀だなと思いすぐにちゃぶさんへ連絡。

大変なことになってるのかなと思ったけど頭の中で陸奥九十九のあの台詞「知ってるかい人間ってそう簡単に死なないんだぜ」が響いたのでとりあえず仕事を続ける。

暑かった日曜日にビニールプールに水を貯めてそこに浅漬けのようにぶちこんでタバコ吸いながら眺めてた時に、あー風邪引くかもなと思ってた俺の予感は的中したわけだ。

家に帰ってみると当の彼女は子供用のクルマをガンガン家の壁にぶち当てながら甲本ヒロトの顔でにやっと笑い、食後の種無しぶどうを俺に差し出しては食おうとすると食わせないという顔をして笑う。

どこが風邪なんだよ、元気じゃねーか。

あっ家の甲本ヒロトは女です。