プルーストとブルースブラザーズ(^^♪

今日電車の車内で、目の前に座った若者が腕から <br>首筋まで彫り物で着飾った人でした。 <br>大学がある駅から乗り込んできたので、ひょっとしたら <br>学生さんかも知れませんが、ええんか君は?と思って <br>しまうほどの私の価値観とは真反対の青年です。 <br>で、やはり気になってしまいチラチラと見てしまうのですが <br>その彫り物が危ない職業系のものではなく、またアート系 <br>でもなく、なんと文字なのでした。 <br>思わず君は耳なし芳一かと心の中で突っ込んでしまう <br>くらいの文字量です。(笑) <br>これが日本語なら間違いなく耳なし芳一ですが、もちろん <br>英文です。 <br>で、目に一番に入った文章が、私も好きな慣用句の <br>It is never too late to mendです。 <br>この慣用句を最初に知ったのは映画のブルースブラザーズ <br>の最後の場面で見た時です。 <br>そして外資系で働いていた時も外国人の上司からも耳に <br>した事があります。 <br>この言葉を選んだ彼にとても興味がわき、彼が読みだした <br>分厚い本のタイ

トルが気になって、体勢を不自然にしてw <br>そのタイトルを見ると、なんとプルーストの「失われた時を求めて」 <br>でした。 <br>膝の上には多分英語の原書らしきものもありましたので <br>ひょっとしたら文学部の学生さんかもです。 <br>私も昔挑戦して意味がわからずに終わった本です。(苦笑) <br>人は見かけにという感じですが、我が社ではまず採用されない <br>身体への装飾ですw <br>しかし多分、彼は彼なりの有意義な人生を掴みつつあるんだろうな <br>と思った車内でした。(笑) <br> <br>