合唱団のレコーディングでした。 - 誠十郎 HOT ひと息。

昨日は、大阪市職員合唱団のレコーディングを担当させていただきました。

最初にピアノ伴奏だけを録音〜コーラスリハーサル〜REC。

コーラス録音時、マイクにかぶる最小限度で伴奏を流しながら

指揮者の方には、イヤーモニターしていただきながら振っていただく。

デリケートな録音は、小さな物音も気になってしまうので冷房もOFF。

合計4テイク録ったのだけど、最初の方のテイクを録音している最中に

なにかおかしい、誰もいない場所から“パキッ”、“パキッ”と物音が。

そうか、冷房で冷やされた木の椅子や調度品、冷房を切ったことにより

冷やされて締まっていたのが膨張している音だったんだ。

スタジオ以外の場所でレコーディングする、難しさのひとつなんですよね〜。

録音終了後は、スピーカーから伴奏だけを流しコーラス用にセットされた

マイクで録音。歌部分以外のところに重ねる、アンビエンス素材に。

この作業も、これまたとってもデリケート。

SOUL of SOLEIL ricoちゃんが、来年リリース予定のCDに収録される作品です。

他にも僕が手がけたナンバーが盛りだくさん。

どんな仕上がりになるのか、今からとっても楽しみです。