連節バス辻23.35系統運行開始 前編 - 三丁目の夕日の乗車記

毎度ご覧頂きありがとうございます!!

今回は5月28日から辻堂駅〜湘南ライフタウン〜慶応大学間で運行を開始した連節バス?ツインライナー?を撮影してきましたので紹介します。ここはJR東海道線が発着する辻堂駅です。この度、5月28日(月)から辻堂駅から湘南ライフタウンを経由し慶応大学への連節バス?ツインライナー?の新路線が開業しました。

この新路線は藤沢市交通マスタープランで辻堂駅北口〜湘南ライフタウン間が幹線として位置付ける計画が策定された事による大量輸送機関導入として連節バスが導入された物です。

その為、連節バスの運行時間は平日の朝夕のみで通勤・通学需要の高い時間帯に絞られており撮影難易度が中々高い新路線でもあります。

そんな連節バス新路線の夕方便を撮影する為に辻堂駅にやってきた訳です。と、言っても少し早く来てしまったので夕方便1本目をバス案内板で確認しておきましょう。小さく【急行】と書かれているのがツインライナーで運行される便で、1本目は16時33分発となっています。なお、英語表示に切り替わると【駒寄】の表記が消えて【Twin Liner】と表示される様になります。ちなみにこの慶応大学中高降車場行きは慶応大学からの折返し便なので正確に言うと辻堂駅発夕方便1本目という扱いになります。そんな連節バスは他の湘南ライフタウン方面行き路線バスと同じ北口の交通広場に発着します。この連節バス新路線は大まかに分けて2つの系統になっていて、1つが辻堂駅〜湘南ライフタウン間を走る辻23系統、そしてもう1つが辻堂駅〜慶応大学間を走る辻35系統です。

まぁ、簡単に言えば辻35系統が本系統で辻23系統が区間便のような感じです。

もっとも辻堂駅〜湘南ライフタウン間では同一経路を走る為、辻堂駅での発着場所は同じ2番乗り場となっています。まだ少し時間が有るので乗り場も確認しておきましょう。こちらが連節バスの発着する2番乗り場です。

2番乗り場からは湘南ライフタウン方面へのメイン系統でもある辻堂〜湘南ライフタウン〜湘南台間を走る辻26系統。その区間便扱いの辻堂〜湘南ライフタウン間を走る辻24系統。湘南ライフタウンを超えて辻堂〜慶応大学間を結ぶ辻34系統の3つの一般路線バス系統と先程の辻堂〜湘南ライフタウン間を急行運転する辻23系統とその先の慶応大学まで行く辻35系統の5つの系統が発着しますこの中で最も運行本数が多いのが湘南台まで運行する辻26系統です。

朝夕の本数が凄い事になっていますが、データイムも1時間に4本と高頻度で運行されています。そして次に本数が多いのが慶応大学系統です。

なお、朝のラッシュ時間帯は一般路線バス便と連節バス便を併せて高頻度運行していますが、夕方便は連節バス便が殆どになるのが特徴です。ちなみにツインライナーですが、殆どが慶応大学まで運行しますが朝の2本と夕方の1本のみ湘南ライフタウン止まりとなっています。なお、辻堂駅から湘南ライフタウン方面へはもう1つ別のルートを走る系統があり、そちらは隣の3番乗り場を発着します。3番乗り場からは湘南ライフタウンまで湘南カントリークラブを経由する辻29系統。大六天、湘南カントリークラブを経由する辻28系統。羽鳥山、大六天、湘南ライフタウンを経由し綾瀬車庫まで運行する辻33系統の3つの系統が発着します。この中で最も本数が多いのが湘南カントリークラブ経由の辻29系統です。

そして、その辻29系統に混じって大六天経由の辻28系統が朝夕は1時間に2本、データイムは1時間に1本運行されています。

また、羽鳥山経由で綾瀬車庫まで運行する辻33系統は入出庫路線のような間隔で1〜3時間に1本という不規則なダイヤで運行されています。そんな感じで撮影していると慶応大学からの夕方1本目の便が到着しました。こちらが辻23系統、辻35系統の運行開始に伴い綾瀬営業所に新たに4台が導入された

メルセデス・ベンツ・シターロ

の【せ206号車】です。シターロは町田、厚木営業所にも投入されていますが、今回綾瀬営業所に導入されたシターロは神奈中初となる最新の新型モデルで投入されています。また、綾瀬営業所初の白色LED車で東京オリンピックパラリンピックナンバー車という点もポイントと言えるでしょう。そして何より目立つこの中央に配置されたメルセデス・ベンツ社製ということが一目でわかるエンブレムの存在ですよね…横からも見てみましょう…にしても相変わらずの長さですよね…汗

ドア配置としては前の車両に2ドア後ろの車両に1つドアが設置されています。

ここに関しては既存車両との変更はありません。また、一般の路線バスと乗り方に違いはなく中乗り前降りとなっています。待機場に止まっている間は辻堂駅到着時点でのLED表示だったので、それも記録しておきます。

ポイントとしては系統番号表示が側面のみだったり?急行?や?ノンストップ?、?辻堂駅?の表記が大きく目立つ様に配置されている点でしょうか…

前面に関しては中乗り表記も無いのも特徴ですねそんな感じで撮影していると急行便の一本前を走る16時25分発が客扱いを行っていました。この25分発が発車してから33分発であるツインライナーが乗り場に到着する流れです。そして25分発の湘南台行きが定時で発車…

すると方向幕が慶応大学行きに切り替わり…大きな車体を曲げながら待機場から出てきて乗客の待つ2番乗り場に到着です。到着後はすぐに客扱いを開始しました。

まだ夕方ラッシュ時間帯も始まった直後で待っていた乗客はまばらでしたが発車時刻までにパラパラと吸い込まれていき初便は席が少し余るくらいの乗車率で発車していきました。乗り場に着いてから発車時刻まで余裕があるのでLED表示を回収してしまいます。

LEDを回収しあとは発車を見送るのみですが、折角なので駅前から離れて少し歩き沿線で狙ってみる事にしました。隣のバス停である神台公園の近くの交差点に移動するとちょうど発車時刻の16時33分に…

発車時刻から約1分後に通過していきました。うーん…汗

後部が自家用車に被ってしまいました。

でも次の便の時間もあるので悔やまず辻堂駅に戻ります…すると既に待機場に【せ205号車】が停車していました。

次の便(夕方2便)は33分発の初便の15分後の48分発ですが、その間に40分発の湘南台行きが先程同様入ります。そして40分発の各停便が発車後に先程と同じように大きく車体を曲げながら乗り場に進入…初便よりも多くの乗客が待つ2番乗り場に到着し客扱いが始まりました。17時前になり夕方の?早ラッシュ?の時間帯ですが連節バスの特徴である収容力が遺憾無く発揮されていて中々の列の長さでしたが車内は余裕のある空間になっていました。改めて連節バスの凄さを目の当たりにしました。

そんな感じで考えていると発車時刻前に…

先程の撮影スポットに移動し待ち構えます。うーん…

ブレてしまった挙句、再び後部に自家用車が被ってしまいました。

交差点では自家用車被りは起こりうる事なのである程度は許容範囲内ですが、流石に1枚も綺麗な写真が撮影出来ないのはアレなので次は場所を変えて撮影してみます。

その15分後…

17時03分発の本日の夕方第3便がやって来ました教訓を活かし交差点の先で撮影してみると被りもなく上手に撮影する事が出来ました。

第3便は【せ207号車】が運用され、17時代の便ではありますが車内はある程度の余裕が見受けられました。

運良く先の交差点で信号待ちしたので後ろからも撮影…この?全長18.775m?や?追い越し注意!?などの表記も連節バスらしさですよね

そして再び15分後…

17時18分発の本日の夕方第4便がやって来ました第4便は【せ208号車】が運用されていました。

余談になりますが綾瀬営業所に今回の新路線用として新規導入された連節バスは4台…

そして第1便から第4便まででその4台が揃った…

おわかりの方はもう既にお気づきかもしれませんが、普段から予備0の状態で平日は毎日フル稼働で4台全てが運用されています。

点検などは運休となる土休日を中心に行われているようですが、それで足りる訳でもないようで日々一般車両などでの代走が行われています。

なので、この様に連節バス4台全てがフル稼働している姿を見るにはある意味運が必要とも言えそうです…汗

今回は記事が長くなってしまったのでここまで。

この先は本格的なラッシュ時間帯に入っていきますが、一度湘南ライフタウンに移動し新設されたバスターミナルを見学&撮影し再び辻堂駅に戻り夕方・夜便で1本のみの19時43分発の辻23系統の湘南ライフタウン行きを撮影してきましたのでその様子を後編として紹介します。

ぜひお楽しみに〜以上、連節バス新路線辻23.35系統運行開始前編でした!!