糸切り草団子

台風が来てます

すでに暴風雨圏内の地域の皆様は、十分にお気をつけください!安全を祈っています

台風前の一昨日、バァバちゃんが、裏庭にヨモギが生えていたと言ってきました。摘むから草餅作ってと

この時期に?

柔らかいとバァバちゃんが言うので、

ほんとに?

ま、柔らかいなら摘んできてもいいよ

と、言うがはやいか、速攻で摘んできてくれました。

摘みたくてウズウズしてたのね笑

うん10年前、お料理に使いたくて道端のヨモギを一株、新築した裏庭の隅に植えたら(道端のはワンちゃんたちお散歩するからお料理に使いたくないしという動機で)、それから雑草のたくましさであっという間にはびこってしまったヨモギ

そんなに使えないので、毎年抜くだけ抜いて、持久戦を繰り広げていたのですが、甲斐あっていつのほどにか根だえてくれたと安堵していたのです。

でも実は密かに生き長らえていたんですね

我が家、なんだかわけわからないんだけど、市販の三つ葉の、しかもスポンジついた根っこをひと束植えたが最後、一面にはびこって三つ葉畑のごとくいえ、やっぱり雑草状態と言うのが一番正確な描写だわ(;)

とにかく、三つ葉ヨモギはスクスク育ってくれました適度をこえるとありがたくない(;)

で、ヨモギ戦はなんとか勝ち抜いたと思っていたのです(-;)

甘かった

今のところは適度な量のようなので、ありがたくお料理に使わせていただきましたが、この先不安がよぎります

ご要望に応えて、草餅草団子にしてみました。

軸を除いて、葉っぱと葉先摘みは、バァバちゃんにお願いしました。

作り方教えてと言っていたので、茹でるよと声かけましたが、バァバちゃん生返事ん?なんでや?

この日東海クラシックで石川遼君が出ていたのですよ

石川遼君ラブなバァバちゃん

すでにテレビに釘付け

待ってもいられないので、茹でて水に晒すのはちゃっちゃと済ませておきました。

さて、団子作りです。

すでにバァバちゃん、この日の試合は終わっても、石川遼君で頭いっぱいなので、自分が作りたいと言ったことなどどこ吹く風作ってと猫なで声

でも、私も引きません!

あなたが作りたいと言ったんだから、ちゃんと手伝ってもらいます。

毅然と、粉の計量してもらいました。

正直、自分でした方が速いんですけど、ここのところ、バァバちゃん、お料理に目覚めた?

節分の巻き寿司の巻き方に始まって、最近では、ばら寿司(ちらし寿司のことです)の作り方教えてと言ってきました。

家庭内お料理教室ですね()笑笑

実際は、口で説明しながらほぼ私が作ってるんですが、合わせ酢の分量などはちゃんとメモしていました。

自分で作ってみようという意欲は、大きな成長です

本人、お寿司大好きなのも手伝ってるんですね!

先日、さっそく合わせ酢を自分で合わせて、ご飯も炊いて、具は前回の残りを冷凍したものだったので今回は煮てませんが、薄焼き卵も自分で焼いて、バァバちゃんの妹(私の叔母です)の来訪時、お昼にばら寿司を振舞ってくれました

だから余計に、手伝ってもらうことは、妥協できないんです。

団子作りに戻ります(-;)

計量した粉に熱湯を注いで、バァバちゃんにはお箸でぐるぐる混ぜてもらいました。

手袋も渡し、捏ね方も指南しました。

餡子はさすがに私が用意しましたが、少しでも手伝うことで十分上等です

ヨモギをすり潰すとか、団子生地を蒸して捏ねるとかは口での説明でしたが、出来上がった草団子は、バァバちゃんに切ってもらいました。

糸切りがどうも上手くできなかったので、キッチンバサミに変えてカット。

十分です

団子生地に加える水分の少なさとか、捏ねることの大事さとかは、理解して覚えてくれたと思っています。

手応えとしては、多分、バァバちゃんは自分では2度と作らないでしょうけどね()

昔懐かしい糸切り草団子作りの一コマでした

ではまた