札幌・街の一コマ : 東区役所のたまねぎカラクリ時計 - コツコツ歩き隊!

東区役所のたまねぎカラクリ時計

常備しておかないと不安になる野菜は何ですか、と尋ねられたら、即座に「玉ネギ」と答えます。

私にとって「玉ネギ」は好きな野菜を通り越して食卓に欠かせない食材となっており、もうそれは、お米レベル。「玉ネギ」なしの人生なんて考えられません。

そんな具合ですから、札幌市東区内の郵便局の風景印(消印の一種)を集めながら、札幌の玉ネギ栽培の歴史についてちょこっと学ぶことができたのは、とても良い思い出となりました。札幌市東区は(食用としての)玉ネギ栽培発祥の地。風景印にもたくさん玉ネギが登場しますし、街を歩いていても、玉ネギにお目にかかれます。

こちらは東区役所正面玄関の上部にある時計台。

時計の下には玉ネギのオブジェが収まっております。

こちらの時計はカラクリ仕掛け。午前8時から午後7時まで毎正時に玉ネギの上部が上がって、中からメリーゴーランドが現れるそうです。

この玉ネギのオブジェを見まして、私、玉ネギへの愛情がさらに深まりまして、札幌発祥の品種「札幌黄」を取り寄せていただいてみようと考えております。火を通すと、とても甘いのだそうですよ。お取り寄せの申し込みのために、また郵便局に行こうと思います。