小さな巨人杉内俊哉選手お疲れ様でした。

数あるブログの中から

目を留めてくださり、

読んでくださり、

ありがとうございます。

審判だって人間。ミスもあるし、

文句を言ってきたらむきになって際どい球を

ボールと言いたくなるかもしれない。

だから悪口ばかり言っても決していい方向には転がらないし、

損することはあっても、

得することはないって思ったんだよね。

もっと早く気づければよかったよ笑い。

でも、僕は気づけなかった。

だからこそ、息子には小さい時から伝えていきたい。

母子家庭で育ち、

俺が家族を養うという気持ち

で小5から野球を続けてきた。

母から口酸っぱく言われた言葉は

決めたことは最後までやり通しなさい。

父親になり、息子に伝えるべきことがあると、

時に厳しく接してきた。

でも、ユニホームを脱いだ今、心境の変化があった。

引退してから息子に優しくなったかな。/

悪口言うな!巨人杉内が息子に見せる父としての背中

杉内選手というと貴方様と、

同郷の親父が

鹿児島実業にすごいカーブを

投げるピッチャーがいる

と誇らしげに語っていたのが印象的なのが一つ。

まだ幼かった私は理解できませんでしたが、

父の嬉しそうな顔が嬉しかったです。

あと、

同じ股関節を手術した者として、

貴方から勇気や

励みをいただくことは

多かったです。

詳しい病状等は知りません。

175センチとプロ野球選手中では、

大きいと言えない背中は

きっと背負うものも多かったでしょうね。

お疲れ様でした。

セカンドキャリアがどうなるかわかりませんが、息子さんはじめ、ご家族が変わらず幸せでありますように。

杉内俊哉出典:フリー百科事典ウィキペディアWikipedia

コントロールする力心と技の精度アップバイブル(Bible(プロフ1728円

Amazon