太陽のピラミッド ( ラテンアメリカ )

元 http://www.geocities.jp/eyf3/

 Yahoo!ジオシティーズサービス終了に伴い、此方へ移行しました

 アーカイブとして記録しておきます

タコスダイエット メキシコ旅行記

http://www.geocities.jp/eyf3/tacos/tacos2/index.html

2003年12月29日

もへじを、引っ張って、チケット売り場から少し歩くと、遺跡の入り口がありました。チケットをもぎっています。私達も入場しました。

この時の、半券は、後で壁画美術館の無料チケットになりますので、無くさない様にしま

って置きました。

入場すると、広い歩道が、太陽のピラミッドに向かいまっすぐに伸びています。道の両端

には、お土産物屋さんが、並んでいます。

お土産物屋は、まだほとんどが、開いていません。

2分程、歩道を歩き数段の階段を上ると、そこから先は、別世界のようでした。

見渡す限りに、遺跡が見えます。赤や鼠色の、カラフルな石をはめ込んだと言うか、上か

らくっ付けたような、遺跡が当たり一面にあります。最初のは遺跡?なのかな。腰の高さ

くらいの、塀が横に広がっています。

高台で風に吹かれていると急に、もへ子は、おトイレに行きたくなってしまいました。

「どうしようこれから、ピラミッドに登るのに、トイレに行って置かないとまずいかな。」

もへじに、言うと「入場口の外にあったよ」という、戻るかな、言えば、出入りさせてくれる

だろうけど、あそこまで戻るのか。

もへじが、遺跡の入り口に、コの字型のブロック塀を見つけて、そこで、用を足すという、

「いいよね、男の子は」立ったまま、カメラを構えている振りをしながら、完了。いいのか

なぁ。

周りを見ると、皆もしているみたい、「ここっておトイレ?」

「もへ子もしたら」ともへじは、言ってくれるが、「うーん」結局、もへじに、壁に成って貰

い、もへ子も完了。

外でするのは、アマゾン川でして以来だ(ちなみにそこは、おトイレではありませんでし

た、御免なさい)

やはり、トイレにはまめに入って置かないといけませんね。

暫らく歩くとゲートがありました。此処で入場券を?ぎっています。

10:59(日本時間だと真夜中の1:59、体調良い訳ゃ無いよなあ)

ゲートを通過してテオティワカンの遺跡へ入場しました。浅草、浅草寺の仲店見たいに正

面にピラミッドを臨む参道に、左右にお店がずらーっと並んでいます。

だだ、未だ時間が

早いのか、時期的に暮れだからなのか、閉まっているお店が多かったです。

横目で土産物(みやげもの)屋を見ながら、記念撮影等をする。

11:04

参道を抜けて、一段高くなっている所へ出ました。正面は死者の道です。おお、これから

本格的にテオティワカンの観光が始まる。ああそうだ、ションベンでも行っておこうか。周

りを見ると何にも無い。お店の裏にでもあるかと思って見たら、フェンスが張ってあって、

入れない様になっている。しまった、確か、入り口の入場券売り場の横にトイレがあった

っけ。戻るのも面倒臭いなあ。これから二つのピラミッドへ登るのに、少しでも体を軽くし

ておかなければ。どっかないかなあ?

グルッと周りを見て、右の方に良さそうな所があった。どれどれ、おう、御誂(おあつら)え

向きの場所がある。其処(そこ)は丁度、袋小路(ふくろこうじ)の様な狭い空間で、小部屋

になっている。よし、此処で用を足そう。壁の高さは丁度胸の辺り迄ある。

11:08

顔が出るので、写真を撮っている振りをしながら№1をする。見ると何と、既に誰かが用

を足した後が、しかも臭う。実は此処は元々トイレだった?って訳無いよなあ。済みませ

ん。世界的な遺跡で立ち小便は犯罪だ。皆さんは緊急時以外は、絶対に真似しないで下

さい。ふと見ると、もへ子は嬉しそうに私の立ち小便をカメラに収めている。

これでOK。準備万端。で、もへ子も遣るって?交代で用足し。では、私は外で前に立っ

てもへ子を後ろにして番をする事になった。屋外トイレ2連発。周りには殆ど人通りは無

い。これで二人すっきり。